ビジネスに生きる生き方 ■けーた日記

HGBF 1/144 ガンダムトライオン3 予約開始!!

ついに予約開始ですね!買うしか!(^^♪

711XpfQkzdL__SL1500_.jpg
51VNHVDtrLL__SL1000_.jpg








スポンサーサイト

RE/100 ガンダムMK3 台座

MK3用の台座です。
タミヤの台座をベースに、4Dカーボンカッティングフィルム(3Dカーボンよりも深みが出るよりリアルカーボンっぽいシートです)を張り込み、オーロラカッティングフィルムで文字を切り抜いて貼り付け。
センターは4ミリの穴をあけ、裏にポリキャップを仕込んで、4ミリアルミ棒を立てられるようにしています。(取り外し可能)
本体接続部は関節技ボールジョイント。



mk3daiza2.png

見る角度により、虹色に光を反射。(^-^)


さらに、台座には強力ネオジム磁石を設置しました。(MK3足裏にも内蔵し、立たせる時に少しでも安定させるため)

少し工夫して、位置を調整できるようにしてみました。
大きな鉄板を台座の下に敷ければいいのですが、そんな加工無理なので(^_^;)

ざっと製作手順と、効果です。

mk3daizau01.jpg
まず5ミリの角棒を約3cmと4cmに4本づつ用意。

mk3daizau02.jpg
位置決めのアタリでマスキングテープを貼ります。

mk3daizau03.jpg
切り出した角棒を接着。 厚さ5mm、1.5cm×1cmのネオジム磁石をおきます(足裏と磁極が合うように向きに注意)

mk3daizau04.jpg
1ミリプラ板を4cm角に切り出します。

mk3daizau05.jpg
角棒と、プラ板を接着。

これで仕切った中を磁石が動くように固定しました。

mk3daizau06.jpg
ある程度任意に位置決め可能。立たせる時の自由度を確保しました(^-^)



BMCタガネ研磨 「ダイヤモンドディスク&タガネ研磨ホルダー」

さて、今日はBMCタガネ研磨です。
模型製作で、今はもうなくてはならないBMCタガネですが、いくらタングステンとはいえ、使い方によっては欠けてしまったり、切れ味が悪くなったりします。

高価なものですし、買い替えよりも出来れば長持ちさせたい
そんなときに、この「ダイヤモンドディスク&タガネ研磨ホルダー」がおすすめ!

もちろん、職人さんの仕上げた新品 には及びませんが、素人でも8割~9割の再生が可能だと思います。
大きすぎる欠けの修復は難しいですが、切れ味の復活、小さな欠けなどは修復可能です。



タガネ研磨ホルダーにセットして、まずはダイヤモンドディスク #800で研磨し、♯3000で仕上げます。
誰でも簡単にできますよ(´∀`)

taganekenma032.jpg
taganekeonma02.jpg

全然ちがいますよね^^

安いものではないですが、タガネを何度も買い換えることを考えるとかなりお得だとおもいます。
0.1などの細すぎるものはちょっとテクがいるかと思いますが、、
僕は少量の水を垂らして、水研ぎしています(良いのか悪いのかわかりませんが、、(^_^;))

詳しくはスジボリ堂さんへ>タガネ研磨ページ

魚地球印精密ヤスリ &BMCタガネ0.15新調



以前から使っている「魚地球印精密ヤスリ」が使用頻度が高く、かつもう3年?4年?近くなるので買い替えと、
BMCタガネ0.15が思いっきり欠けて研ぎ直し不可なので、共に新調しました。

前に一度「地球印精密ヤスリ」は紹介してるとおもいますが、カテゴリ化したので、いろいろ再度紹介できればとおもってます。(ブログカテゴリ keitaレビュー 作品も作品名でカテゴリ化していきます。)

この魚「地球印精密ヤスリ」 ですが、とにかく細かい作業に向いてると思います。
すっごく細かい単目やすり(平のみ両目、半円の裏側の平は単目)で、ガシガシ削るものではないですが、
最終的な細かい箇所の仕上げに大変重宝しています。

uo02.jpg

画像ではわかりにくいと思いますが、非常に細かい。
5種がメインですが、この5種は全部使えます。
特に最近よく公開してますカッティングプロッタであたりをつけ、手作業でカット
このあとの仕上げ などには「地球印精密ヤスリ」が本当に重宝 てか ないと出来ないかもw(keita比)

uo03.jpg

例えばこういう超細かな切り出しは、修正もシビアです。
そこに「地球印精密ヤスリ」は威力を発揮してくれています。
角をカッキリと仕上げたい場合に△を使ってギリギリまで精度アップや、細かい並行の穴は□、
平らな部分は平、半円、穴モールドには当然○が必要。
大変デリケートな部分なので、引っかかると破損しかねない部分なのですが、目が非常に細かいので、引っかかりもなく、
すごく微妙な削りが出来ると思います。
値段もめちゃめちゃ高いわけではないので、ぜひぜひおすすめです。(^-^)

お買い求めはスジボリ堂さんへ 















RE/100 ガンダムMK3 肩、腰、足首 改修説明

RE/100 ガンダムMK3の改造等、ツイッターで公開した画像のまとめ説明になります(^-^)
(当ブログの画像は大きめのサムネイルです 画像クリックでさらに大き目の画像が見れます)

肩のフレーム及び、肩装甲の改造。

mk3katra01.jpg

Fアーマーの可動軸の改造、装甲の分厚さの調整。
mk3faomer1.jpg
mk3famaejji01.jpg


上記ベース改造後、股間アーマーは角度を調整し、それをベースにしてほぼスクラッチで改造しています。
Fアーマーも上側の突起部分を分厚くしたり、バランスを調整。

m,k3kokanfama001hikaku

各アーマーの形状調整と裏面の作り込みを行っています。

mk3amaurase00003.jpg
mk3amaurase00002.jpg
mk3amaurase00001.jpg

バーニアノズルは拳王バーニアとリブドロックワッシャーの組み合わせに

mk3rsukabania1.jpg


足首、ソールの形状変更。
RE/100 MK3はソールが足首で左右に振れないので、MGνガンダムVer.kaの肩フレームを使って足首の見た目と可動範囲を改造。

mk3ashikubi1.jpg

さらに、ソール形状も好みの形状に変更しています。
mk3ashikubi01.jpg
mk3ashikubi02.jpg
mk3ashikubi03png.jpg
mk3soru04.jpg

プロフィール

keita

  • Author:keita
  • WonderExcellence
    の管理人keitaです。

    ご観覧前に必ずこちら
    をご覧下さい。

    口癖:サーベルのパワーが負けている!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム