HP更新のお知らせ 「Links」 

WonderExcellenceのHPリンクページを更新しました。
最近はブログの方が主流となっているのか、HP自体減ってるかもしれませんね

長いあいだ更新できておりませんでしたが、多数のサイト様が移転、もしくはリンク切れ等でしたので、
ご連絡無いHP様は誠に勝手ながら削除させていただきました。
(万一連絡下さっていたのに、こちらの見落としで変更できておらず削除となっていましたら申し訳ございません)

http://www.wonderexcellence.com/link/link.htm
今後とも宜しくお願いします^^
FC2 Management
[ 2014/09/16 09:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Hi-νガンダム ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー セミスクラッチ  

シナンジュスタインのハイビームライフルをベースに、Sガンダムのビームスマートガンのパーツと、プラ板によるスクラッチでロング化

小説ベルトーチカチルドレンに出てくる「ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー」として製作してみました。

設定画がないし、本来ラーカイラムのケーブルと直結して撃つという超強力兵器ですが、携帯可能なものとしてみました
イメージはHWSのハイパー・メガ・ライフルよりも強力で取り回しは悪いがより高照準精度、高出力の兵器 というイメージです。

※ Hi-ν本体は今回の比較用にもう一個組んでいるSP組み(きっちりゲート処理してフレームなど一部は処理済みの素組「勝手に命名w」)です。



hmbl0002.png

hmbl0003.png

さらにこうなります^^
センサー部にLEDを仕込んで発光可能としてみました。
本体が青系なので、あえて赤としてアクセントに

上面のグリップうえのカバーをはずして、直接電池(CR1025)を仕込む形になります(後日方法掲載予定)

hmbl0004.png

hmbl0005.png

hmbl0006.png

hmbl0007.png

[ 2014/09/15 22:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Hi-νガンダム 胸部改造 2 

さて、胸部 その2です
前回のコックピットハッチ周りをさらに形状を進めたのと、腰パーツが弱いので、補強、伸縮をオミットで伸ばした状態に。
それに合わせ、外装に手を入れています。
νガンダムの設定でのこだわりですが、お腹部分が3段にみえるんですが、実は上2段がお腹で下1弾はスカートアーマーを固定するフレームが見えてるんです
Hi-νはまともな設定画はないんですが、そもそも2段しか見えない 
ただ、当時の設定画は胴体が短くでかいので、それをそのままやってもあれなので
現在のバランスのまま、装甲を多重にみせかけ、2段のお腹部を表現してみました
Fアーマーが上にすこし出っ張るので、実際は下側は半分隠れます
ですので、またイメージ変わるかと。

まだこの状態で完了ではないですが、イボルブνのような多重の薄い装甲が重なり合うイメージで作ってます
Hi-νのイボルブ設定は公式では存在しないので、あくまでイメージソースとして。

前回の画像と比べてもらうと進み具合がより分かると思います^^

フィンファンネルも一度型を失敗し(納得いく精度にならず、、)再度型どり 複製完了までいきました。

引き続き爆進します^^

hngkyoubutes2004.png
hngkyoubutes2003.pnghngkyoubutes2002.png



◆腰フレームの補強、延長固定(ハーフロック)◆

hikf001 (1)
ほぼここだけで背負いものの負担抱えてるっぽい、白化してます、、、
だから変に腰が反るようです

hikf001 (2)
ってことで、縦にステンレス線1.2mm1本、ロール軸に1mm真鍮線2本で強化。
ここロールほぼさせないと思うんでおk^^

hikf001 (3)
さらに溝も埋めて負担分散。0.5mm真鍮線並べてシアノンで固定、削ってツラ合わせ。

hikf001 (4)
最終的に0.14プラペを貼り、引っ張り強度をアップ。たかが0.1と思われがちですが、引っ張って引きちぎるのにどれだけ力がいるのかってやつです。瞬間接着剤と同じ。同時に表面のマテリアル共通化と塗装の食いつきも良くなります

hikf001 (5)
hikf001 (6)
引き出した状態でほぼ固定するよう、伸縮機能をオミット スイングも制限。

hikf001 (7)
おっと、延長したらはまらない、、、w ちょいカット (;´д`)w

[ 2014/09/14 02:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

Hi-νガンダム 胸部改造 



もともとデザイン的なこともある、顎が引けてるのに顎が引けてなく見えるのと、頬当てが長いので顎が引きにくいと思われます。実際ちゃんとひけてるんですけどね^^

で、今回襟の下側部分の角度を前に向かって斜めになるよう、内部構造を調整して改修。

さらに斜めにしたのはこのためもあり

haibast0001.pnghibast0002.png
hibast0003.pnghibast0004.png

コックピットハッチの改造
胸部、コックピットハッチ中心のバランス変更をしました。
個人的にですが、ν(Hi-ν)のコックピットハッチ下が極端に空いてたり、詰め物して空きを誤魔化したりというバランスと、胸部が上方向に強調されるのが好みではなく、自分好みに調整します。
基本改造はフレーム中央を一旦カットして、コックピットハッチの角度、付き位置を決めた後、フレームを接着。
その後、隙間をマジックスカルプで埋めて整形する方法で改造しています。
一応若干引き出してから跳ね上げるタイプなので開閉も可能です。
ただ、スライドでオープンする紫の部分はオミットする予定です。
アムロも足元がちらっとしか見えないので、開閉は意識しないことにしました(^_^;) 
胸部のラインが変わったので、ノーマルのままだと襟が浮いて見えるので、先にやった斜めに沈める改造をしています。
若干顎も引いて見えるので^^
設定ではコックピットハッチ上部の張り出しがもうすこしなだらかなので、そこは調整するか全体のバランスを見て決める予定です このままも気に入ってるので、このままかもw

このあと、各部のディティール調整やコックピットハッチ下側もすこし伸ばします。


[ 2014/09/10 03:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

フィンファンネル 改造 

さて、今回はフィンファンネルです

ご存知の方も多いかと思いますが、MG Hi-νガンダムVer.kaは、先に出たνガンダムVer.kaとフィンファンネルの一部を共通化してあります。
メインとなる本体の形が同じなんですね
MGHi-ν(公式版)もですが、Bクラブの改造パーツを含め、今のところフィンファンネルが設定画の形状となってる既製品は見たことがなく(ロボット魂はイイ線行ってます すこしちがうのですが^^)、ここはこだわりたかったので、思い切って形状変更しています。
◆設定画


こんな感じです
finfunnelge0001.png

ノーマル比較
finfunnelge0002.png

おわかりでしょうか
山の折れの位置や、νのラッチ部分がノズル?みたいになっており、位置も違います
そのまま設定画にしてもよかったのですが、せっかくなのでアレンジはしていますが、アウトラインは設定画を参考に作り替えました 
若干延長もされてます。

最終形態が決まったので、このまま複製して数を揃えます
(大変です、、、最低でも6回(全部成功したとして)抜かないといけません(^_^;))
finfunnelsaf1.png

[ 2014/09/08 04:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

keita

  • Author:keita
  • WonderExcellence
    の管理人keitaです。

    ご観覧前に必ずこちら
    をご覧下さい。

    口癖:サーベルのパワーが負けている!
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


無料ホームページ ブログ(blog)