ビジネスに生きる生き方 ■けーた日記 スタンドルーペ フレキシブルタイプ 買ってみた!

スタンドルーペ フレキシブルタイプ 買ってみた!

さて、今までカテゴリ気にせずやってましたけど、ZETAヘッド、ハイニュー以降からカテゴリ分類始めました。
今回のように工具等を使ってみた感想やおすすめ情報などは基本的に カテゴリ「keitaレビュー」でやっていきます(^-^)
(もうどこで書いたか忘れてるのもあるので、基本新規で もしいままでので探せるときは足していきます(^-^))

さて、今回はスジボリ堂さんで購入した「スタンドルーペ フレキシブルタイプ [SL1012]」
rupe01.jpg

全開公開したビルドバーニングガンダム改造 RGM-79ジム の頭部でも大活躍のルーペですが、いつもはヘッドルーペを使っておりました。
ちなみにそのヘッドルーペはスジボリ堂さんでもヘッドル−ぺ[HD0010] で購入可能。
f400c505e2.jpg

今回卓上を選んだのには理由もありまして、ルーペには双方の良さがあるんですよね。

個人的見解ですが、ヘッドルーペはメガネと同じで、自分の頭の位置と対象物の位置が頭の位置に腕を合わせる。
なので感覚的に裸眼やメガネと同じなんです
ただし、当然ド近眼なわけでw 工具を探したりするときはぼっけぼけになります(レンズ上げればいいんですけどねw)

卓上の場合、基本的にレンズ位置にたいして頭の位置を決めることになります。
ですので、人によっては角度的にクビを慣れた場所に持って行きにくい
ライトなどが影になる可能性や、付属のLEDランプに頼ることになる
スタンドなので、そのレンズを支えるバーが邪魔になる(邪魔にならない位置、角度にすればいいですが)
反面、目をそらしても当たり前ですがぼけたりしません。

個人的にはどっちが良い!というのはなく、双方の良さがあると感じてます。
使い始めたら 両方ないと困るw になっていましたw

今までは老眼でもないので、裸眼(メガネ)で十分 と思っておりましたが、そんな自分に「はよ使え!w」と言ってやりたいです
これをつかって上手くなるとか精度が上がるかは「腕次第」ですが、確実に見えなかったものが見えてきます。
もちろん塗装で細かい部分の筆塗りなどにも威力を発揮するでしょうね。
個人的には超おすすめです!

あと、いろんな卓上ルーペがありますが、これを選んだ理由は
レンズのまわりの枠が無い ということ。
rupe04.jpg
このように境目がないので、対象物が影になりません
基本使うのはセンターですが、ここがあるのとないのではだいぶ違うかと
車のピラー ない方がいいですよね?w(ないクルマはすくないとおもいますけどw)
ちょっとのさですけど、ぼくは気になるタイプなので、これを選びました。

大きさ的にはこれぐらい
MGハイニューとHGBFグフR35で比較

rupe03.jpg

電池はボタン電池3個使用 LR1130です。
LEDは高光度の広角LEDが2つ 結構明るいです
まぁこれは影になる部分を補う程度でしょうか 基本的には作業時と同じくお好みのライティングで、その補助という感じ

rupe02.jpg

あと、裏ワザ?w
卓上ルーペ単体ではなく、ヘッドルーペをしたまま、卓上ルーペを使うと、さらに倍!ってなこともできます。
ヘッドルーペは数種類レンズありますが、最終的に使いやすい一個を使うと思います(僕はそうですw)
で、もう少しここ確認したい!ってときにはダブルで使うとそういうこともできますよ(^-^)

とりあえず、個人的にヘッドルーペ、卓上ルーペの導入は超超おすすめです!
どちらかからでもいいので、使ってみては?

>>スジボリ堂さん






スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

最近すっかり老眼になってきた、私にはちょうどいいかもしれませんね。
近くも、遠くも見えない。
苦労してます。

おはようございます^^

○pepe32redさん
どもです^^
そうですね、ヘッドタイプか、卓上か どっちも利点がありますが、お試しなら卓上のほうがとっつきやすいかも?しれません ぼくはヘッドから入りましたけど、より細かな作業、精度アップに役立っています^^

プロフィール

keita

  • Author:keita
  • WonderExcellence
    の管理人keitaです。

    ご観覧前に必ずこちら
    をご覧下さい。

    ○タバコは吸いません(家族全員)

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム