ビジネスに生きる生き方 ■けーた日記 1/60STRIKEFREEDOM -Limited Edition

1/60STRIKEFREEDOM -Limited Edition



過去に落札頂いたお客様から相談をお受けしまして、数点作品を再出品することになりました。
1/100ストライクフリーダム改 SDSTRIKEFREEDOM に続いての出品となります。

今回は僕の作品のなかでも珍しい1/60で、ライトニングエディションのストフリを、PGマーク2や、PGウイングの指、
各部の形状変更~スクラッチまで徹底的に手を入れた作品になります。

1/60STRIKEFREEDOM -Limited Edition-
STRIKEFREEDOM LE(Lightning Edition) 改め STRIKEFREEDOM LE(Limited Edition)
(タイトルクリックで当時ページに飛びます)

上の画像が今手元にある作品をiPhone6plusで撮影したものです。
かなり状態が良いのがわかるかとおもいます(トレミングすらしていない無修正のままの画像です)
自分でいうのもなんですが、このストフリのフェイスはスクラッチなのですが、かなり男前にできたと自負しております^^

HPには塗装前改造説明、完成後各部詳細などのっておりますので、ぜひ見てやっていただければと思います^^

今回も前回のSDストフリ同様、大きな傷等もなく、大変綺麗な状態です。
大きさからくる多少の関節の緩みはあるかもしれませんが、もともとこのクラスはフル可動で立たせておくにはむりがありますので
専用台座に浮かせておく分には問題ないと思います。
唯一、ビームシールドだけ傷と歪みがあるのですが(キットのペット素材)
素材が素材だけに修正はむずかしいので、「おまけ」とお考えください。
個人的にはついていたので作りましたが、ビームシールドは多少おもちゃっぽく見えるので、装着しないほうが好きです^^
(言い訳に見えるかもですがw)

現在一度各パーツをすべてチェックしております。
台座はすこし傷があるので、再塗装します。

各セッティングが終わり次第オークションに出品致します。

出来次第報告いたしますのでよろしくお願いします。
今週末までの出品予定です。

前回同様、新作のkeita作品と同様の対応をさせていただきます。
オークション終了までの取引、今後のメンテナンス等のご相談など、すべて新作同様ですのでご安心ください。

ではよろしくお願いします(^-^)


台座完成

キットのものの合わせ目を消して黒>つや消し塗装 だった台座を
再度 ブラックサフ にて塗装しなおし。
サフ?とおもわれるかもしれませんが、しっとりとした「黒」は下手につや消しコートをしたり、つや消しブラックのスプレーよりも綺麗だったりします(僕の主観です)
粉を吹いたみたいにならないんですよね。
そこにレーザープリンタで文字を印刷したヘアライン入りのシートを貼り付け、デコレートしました。
こちらの台座になります。
見た目にもよくなったと思います^^


sfdaiza.jpg



ちなみに、普段はあまりこういう背景の入った画像は綺麗ではないので載せませんが
ちゃんと分解してチェック等してますよ!ってことで載せます^^
軽い色ハゲの部分などはブラシで塗装、艶のコントロールが甘かった場所(当時の状態ですが、現在の目で見て)
の艶調整等を行いました。

lesfre0001jpg.jpg

lesfre0002.jpg

lesfre0003.jpg


もう少しだけお待ちを^^ 期間短いですが、よろしくお願いします!m(_ _)m

今アップ作業中です 
もろもろ時間かかってしまいましたので、終了日を火曜日29日夜にする予定です。

出来次第更新致します^^
よろしくお願いします!

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

今晩は…この作品は何年前の物でどの位のお値段だったのでしょうか?

ヤフオクに出品予定と書いてあったので(入札参加します)参考までにお聞きしたいと思いました。

こんばんは^^

ヒロさん
ご覧頂きありがとうございます^^
この作品は2006年の作品ですので、約10年前の作品になります。
当時の落札価格は50万円を超えるお値段だったと思います。
ご入札予定とのこと、よろしくお願いします^^

No title

keitaさん、こんばんは
ストフリLEとは、また大物が出てきましたね。
当時UPされた時、食い入るようにPCのモニターを見ていたのを思い出しますw
やはり今見ても滅茶苦茶カッコいいですね^^

こんにちいは^^

○manaさん
こんにちは! そうなんです もう10年前、、、ほんと時間としては早すぎるんですが、未だにこの頃の作品をみても こうやってたなぁ と自分で再認識するぐらい、今見ても得る物があります。逆に言うとどんどん手法を変えたりしているので、引き出しは増えていくのですが、しまっている部分もあるんだなぁとか。
それをまた思い出したかのようにできるのも良いことなのかな?とか思ったりします^^
 嬉しいコメントいつもありがとうございます!(^O^)

プロフィール

keita

  • Author:keita
  • WonderExcellence
    の管理人keitaです。

    ご観覧前に必ずこちら
    をご覧下さい。

    ○タバコは吸いません(家族全員)

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム