ビジネスに生きる生き方 ■けーた日記 FREEDOM6

FREEDOM6

さて、頭部、ウイングの前に
「脚部完成形」です。
前回はアウトラインの雰囲気でしたので、まだあっさりしていましたが、腕を含み全体のディティールのバランスを配慮し仕上げました。
かなり時間かかりました・・・(^^;



前後画像。
太ももから爪先まで、徹底的に形状変更しています。
外装の重なり、バラバラの装甲でありながらアウトラインのまとめや、見る角度によっての「見え方」についてもかなり試行錯誤し調整してみました。

kya2.jpg

太もも。
単純な構成でありながらより複雑な面構成にしています。
後部の装甲は下側の装甲とセパレート化
中心部で重なり合う感じにしています。
またそのオフセット(0.3ほど)により、ヒザ関節裏に作ったフレームと干渉しないようにしています。
このヒザ関節部分はより立体的見栄えを考え、上下二点で接着し、横からみるとセンターに配置した「ダミーシリンダー」が除くようにしてみました。
細かいパーツで結構作るの大変でした(^^;
kya7.jpg


kya3.jpg

次に一番複雑であろうヒザ~スネ部分。
リアビューはこんな感じで、「フレーム+外装」という、それも「薄い装甲」を意識し、切り出したパーツのエッジは要所要所で薄く見えるように配慮しています。
またスラスターの下側にもフレーム色にするスカートを設置。
このあたりはイボルブνのイメージをアレンジして作ってみました。
脹脛サイドのスラスターもキットの物ではなく、露出するのでより大きく市販パーツを改造し設置。
かかと内部はVer.1.5ガンダムの腕のダミーフレームをベースに再現。
より複雑な印象を与えながら、フレーム色とすることでうるさすぎないようになる計算です。
kya4.jpg

サイドビュー
各部分の構成がわかりやすいと思います。
ヒザも分割し、スラスターも市販パーツで大型化。
隙間はフレームモールドが除くようにパテで調整。
kya5.jpg


リアビュー
後ろから見るとこんな感じです。
スラスターカバーもフレーム側を開口し、イメージアップ。(この角度でスラスター本体が見えます)
かかと上部装甲をはずすとこんな感じです。
はずすことを目的とはしていませんが、除くと見える部分も作りこんでみました。
アンクルサポートサイドのダクトは一度内側から削りこみ、0.3ミリプラバンで内側からふさぎシャープ化。
フィンは0.25ミリプラ版で再現しています。

kya6.jpg


関節も曲げた状態。
ひざ関節を含め、干渉しないように調整しています。
基本的動きはキットのままです。


と、脚部に時間が取られましたが、手を抜きたくないので徹底的にやってみました(^^)

さぁ、次は頭部かウイングか???

がんばります。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あ、開いた口が塞がらない…。
ディテだけに目が行きがちですが、可動のクリアランスもなかなか大変だったのでは?
はぁ…すげ~。

しかもZ!い、いつの間に…。

おはようございます。

〇ぐっちMAXさん
どもです。
いやいや、大変でした(^^;

引き続きがんばります。

ZETA
そういうことです(^^)>本文追加しましたので見てくださいね

プロフィール

keita

  • Author:keita
  • WonderExcellence
    の管理人keitaです。

    ご観覧前に必ずこちら
    をご覧下さい。

    ○タバコは吸いません(家族全員)

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム