ビジネスに生きる生き方 ■けーた日記 BMCカッター到着!(^^)使い心地Excellent!!

BMCカッター到着!(^^)使い心地Excellent!!

さて、もうご存知の方も多いと思いますが、BMCタガネでも有名な「スジボリ堂」さんで
新たに「BMCカッター」が販売されています。
これはリューターの先につけるビットになるわけですが、まずはその造形美(^^)
bmck0.jpg

bmck1.jpg

bmck2.jpg

刃先を見ているだけでも「切れそう」です。

僕はWAVEのリューターを使っているわけですが、そのリューターについている同じ感じのビットと削り比較をしてみました。
bmck3.jpg

とりあえず、WAVEのリューターは3000rpmが最低回転数ですが、それでも一気に「ギューン!」とあてると、プラ側が溶けてしまいます。
BMCカッター側は溶ける前にそぎ落とす感じで面が綺麗なのが分かると思います。(もちろん若干は熱で溶けますが、その差は歴然)
あくまで僕の使っていたビット比ですが、いつも使っていたのが「安物の爪きりヤスリ」として、今回のBMCカッターは「切れるやすり」でも有名な単目の高級やすり
と言った感じでしょうか。
切れ味が良いので、回転に対して溶ける前に切り出してくれ、綺麗にあててやると、その後の表面も綺麗でした。
上記はプラですが、エポパテ「マジックスカルプ」の塊を削ってみましたが、ガシガシけずれ、削り粉が「粉」ではなく「細かい繊維」
見たいな感じで、確実に「削いでいる」と言った感じでした。
レジンにも今回使っているのですが、その削れのよさ故にもちろんコントロールは今までの感覚と異なるのですが、とにかく削れる。また面が綺麗。というのが一番の印象です。

もちろん削れ具合や引っかかり具合が変わってくるので、なれも必要です。
またこれだけでOKと言う物ではなく、他の砥石のついたビットも必要でしょう。
確かに一本一本は高価ですが、それを持ってあまる性能だと感じました。
リューターを普段使うひとは勿論、これからリューターやビットをそろえたいと言う人にもお勧めです。

あとは出来ればもっと低回転も可能で最高回転数よりもトルクのあるリューターがあればもっと良いですね。
そのうちリューターも買い換えようと思います(^^)<でもWAVEもかなりお勧めです!

BMCカッターのお買い求めは「スジボリ堂」さんまで



つづいて、先日こいつを買いにFラップさんへ
cyanon.jpg

シアノンです。
以前から使ってる人もいらっしゃると思いますが、僕は使ったことがなかったので、一度試してみたいなぁ~と思っておりました。そんな中、アルテコがなくなってきたので、以前から気になっていたこいつを買おうかな?と思っていた矢先、Fラップさんで取り扱いの記事をよみ(詳しくはHPのてんちょメモ参照^^)、早速てんちょに「電話」
電話で怒涛の営業トークを受け、買う気満々になり、早速買いに行った。と言うわけですw

と、半分冗談はさておき、使ってみた感想。
「良い!」
ちょっとドロッとした感じの瞬間接着剤なのですが、硬化後はプラやレジンに近い感じでしょうか。
効率を上げるため「瞬間接着剤硬化促進剤」を併用をお勧めです。
大体促進剤を使うと変に硬くなったりするのですが、僕が使った感じではそんなこともなく、削れ具合も良い感じです。
アルテコ唯一の難点、独特の細かい気泡もほぼない(出来にくい)し、スジボリなども他のマテリアルよりもよりプラに近い感触なので、シアノンをまたいでスジボリなどの場所でも比較的やりやすいのも特徴。
これまた良いマテリアルが手に入りました(^^)
在庫はまだありそうなので、滋賀県近辺にお住まいの方は是非Fラップさんへ
今コンテスト結果発表直後ですので、いろんな素晴らしい作品も見れますよ(^^)
ちょっと遠いな。っていう方も是非行って見て下さい。


あ、Fらっぷさんでまたまたver.2.0と対面
gver2flv.jpg

なんか見れば見るほど「かっこいいな」
と思ってきた今日この頃。

てんちょ、ありがとうございました!
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

こんばんは。

> シアノン

なんかよさそうですね。
ここのところアルテコの気泡に悩まされ続け、結局黒瞬着でリテイクってパターンだったんですが、この黒瞬着、ホントに黒くてなかなか下地作りが大変だったりします。
ただの瞬着だと硬化スプレー使ったときになんだか食いつき悪いし。
いつもマテリアルやツールをご紹介いただき感謝です!

こんばんは。
アルテコより強力そうですねシアノン。
今度購入します。(実はアルテコの存在を
知ったのはWEの制作過程をみてからです。)
またいい物を知りましたサンキューです!

そのビットもよさそうですね!

こんばんは!

工具も結構最近は幅が広くなって選ぶのに躊躇しますね!

そういえばゼリー状瞬着はシアノンに似てるのか(少し固めかな?)keitaさんが仰るみたく「効果後がプラに近い」と、「接着時のセット時間の調整」などに使っていました。

スクラッチや点付けの必要なパーツには結構重宝していました!

これが普通の瞬着だと垂れたり、白化が激しかったり大変な思いを経験しました。

シアノンって結構高かった気がしましたがkeitaさんの製作ペースだと元取れそうですね(中身を使いきれるという意味で^^)

う~ん、最近はそそられる製品が無いです(MG武者ガン位かな???でもツンド君なので、、、自粛)
(白化は硬貨スプレーで防げますね)

マテリアル紹介いつも良い情報ありがとうございます。先日も「スリットシート」注文しちゃいました^^
ところで質問なのですが、keitaさんが徹底改修されている作品で4mmや5mm径の丸穴を開ける際はどのような方法で行っているかすごく気になります。3mmまでならピンバイスで可能なんですが・・・
つまらない質問で申し訳ないのですが、教えて頂けたら幸いです。長文失礼致しました。
νガンダム完成楽しみにしています。

こんにちは

○れしぴさん
こんにちは。
黒旬着も悪くはないのですが、硬化時間が長いのと、硬化スプレー使うと硬いんですよね。シアノンはその点も良いのでお勧めです。
>紹介
いえいえ、あくまで僕の主観ですので、参考程度になればと(^^)

○山根レベルにはなりたいさん
アルテコはアルテコで良いんですけどね。
同じ物ではないので使い分けても良いですね。(^^)

○haruchanさん
どもです
このビットはお勧めですよ(^^)
確かにマテリアルは増えましたよね
模型用としてこれだけあるのは凄いと思います。10年前はなかったし・・・w
逆に僕はゼリー状を使ったことがないのですが、シアノンはお勧めですよ

○wweさん
こんにちは
いえいえ、参考になれば幸いです。

4とか5ミリは手回しドリルにつけて手で回すことが多いです。プラ相手だと電動だと怖いので。たまに電動ドリルも使いますけどね。
ただそれは大まかにあけて調整する場合で、正確にやる場合は一回り小さいドリルで開口後、丸やすりで徐々に調整します。

ν追い込み頑張ります(^^)

最近のガンプラでは4mm径の軸とか多いので対処に困ってました。
クレオスかタミヤ、若しくはスジボリ堂さんで4mmピンバイスとか販売してくれないですかねぇ? そこそこ売れると思うんですが・・・ keitaさん本当にご回答ありがとうございました。

おひさしぶりでつ。

カッターすらも背景がついている!(゚∀゚)

こんばんは

○wweさん
こんばんは。
どこからか出してくれれば良いかもですね。
ただ3ミリ以上になると、相手が1ミリ厚のプラバンだと綺麗にあけにくいのも事実なんですよね。プラ専用のドリルでそういうのが出れば良いですね。

○弥生ちゃむ
おひさし!(^^)
たまに除いてるよ<言い方怪しいw

はい、なんか最近何を撮るにもバックを気にしだしましたw

子育てがんばって~!

プロフィール

keita

  • Author:keita
  • WonderExcellence
    の管理人keitaです。

    ご観覧前に必ずこちら
    をご覧下さい。

    ○タバコは吸いません(家族全員)

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム