ビジネスに生きる生き方 ■けーた日記 ジュアッグサフ画像

ジュアッグサフ画像

ということで、ジュアッグのサフ画像になります。

毎回おもいますが、サフ状態ってかっこいいですね^^



jyuasaf0002.jpg
juasaf0003.jpg
juasaf0004.jpg
juasaf0005.jpg


ガンダム画像はしばしおまちを!
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

最近は・・・・。

MGの完成品、全く上がらなくて残念です・・・・。

はじめまして

通りすがりさん
MGもやりますよ^^
 
MGだから良い、HGUCだからダメ って言わないでくださいよw

教えてください

初めて書き込みさせて頂きます。
サフ状態とてもかっこいいですね。完成を楽しみにしています。

サフを吹く時は分解して吹いて、また組み立てて写真を撮っているのでしょうか?
自分は分解してサフを吹くのですが、吹いたサフを傷つけずに再度組立て→分解する自信が無いため、最後のトップコートまで分解状態で進めてしまいます。
結局サフ状態の組立写真は撮れずに終わけですが、どうやっているのか良ければ教えてください。

はじめまして^^

POLさん
はじめまして、ご覧頂きありがとうございます。

えっと、サフの件ですが、基本的にほぼ分解してやっています。
が、場所により組んだ状態で吹いている部分もあります。
たとえば、ジュアッグの場合、頭部の白と茶色の部分が別パーツですが、これはつけたまま一度吹いて、そのあと小キズや気がつかなかった凹凸、気泡(パテ類等)によりできた小さな穴などを調整し、そのあとどうしても必要な場合は分解し、再度吹くなどしている場所もあります。
これはスナップフィットモデルであるのと、かなりシビアなクリアランスの場所、MGだとフレームなど絶対に擦れる場所 などが存在しますよね。
そこにサフをかけ、さらに塗装となるとダボが太くなり組み立てたあとに外せなくなったり(場所によってはそれでもOK)塗膜が分厚くなっていき、結果剥がれる と言う部分も出てきます。これがフレーム部分だと、例えばブラックの成型色のフレームをブラックに仕上げる場合。
下地>サフ>塗装とします。
クリアランスギリギリなので動かすと剥がれる>下地のサフが見える
これだとすごく目立ってしまいますよね?
だったらはじめから下地の成型色のまま塗装を行ったほうが目立たない。
と言う部分もあると思います。

あとポリキャップの部分
ここに塗料が付くと、当然あとで剥がれますし、動きが渋くなります。
外せる部分は外し、ときにはマスキング。どうしても目立つ場所の場合は塗装前に塗装できるパーツに変更、プラ板でカバー、等を調整しています。(場所によってはプライマー入サフ>塗装としている場所もあります)

そういうことを考慮しながらサフの作業をしています。

そもそもサフは下地の細かい傷を消したり、塗装の食いつきをよくするために塗装するので、サフを絶対に塗らないといけない と言うわけではないと思っています。
自動車やバイクなど大きなもので分厚く塗装する物、凝固な塗膜が必要な物とはまたちょっと違うと思っています。

ただ、改造作品などパテやプラ板、流用パーツといった混合マテリアルになった場合に、一度色を揃えないと、塗装した場合に透けてまだらになったりしますので、一旦ライトグレーの色に揃えるわけですよね。

ようは、最終的仕上がり、動かした時にどうなる部分なのか等など
結果として綺麗に仕上がることを意識してやっています。
ですので「必ず分解」「必ずサフを吹く」と言うことではなく、臨機応変にやっています。

サフの段階で傷はぶっちゃけ付いても大丈夫です。
つや消しで目立つような傷であれば、それは下地がダメか、目に見えて大きな傷をつけてしまった場合になりますよね。
その場合はもう一度整面>サフ とすべきだとおもいますし、逆にうとサフ段階なら何とでもなります^^
むしろ、油分がつかないように、手はしょっちゅう洗いますし、扱いに注意しながら仮組み、分解を行っています。
どうしても「まずいな」というパーツがあれば洗浄します。


うまく説明できていればいいですが^^;

質問です

初めまして、昔から凄まじい作品を拝借してます。質問ですが、センサーのカメラの中身って組み立て後、戻すのでしょうか?
多分、聞いた所でできませんが(泣)
最後に、zz、ストフリ格好良すぎです。
これからも応援してます、頑張って下さい。\(^-^)/

ありがとうございます

詳しく説明して頂いて、非常に参考になりました。
ありがとうございます。

やはりある程度は分解してサフ吹いてるんですね。
ということは、最初の仮組みから分解した時に外すのに苦労したパーツとかは、外しやすいように調整したり色々気を使わないといけないんですね。
自分は横着なので組立を最後しかやらないことで回避してましたが、手間を惜しんじゃダメですね。(^^;

あと少し傷がついても大丈夫というのは目から鱗でした。確かに仕上げがつや消しなら小さなキズくらいなら大丈夫そうです。

ありがとうございました。

おはようございます

○LA+さん
はじめまして。
作品をお褒めくださり、又よく見ていただいているようで光栄です。

え~っと、ご質問の内容ですが、組立後戻す と言うのはどういうことでしょうか?^^;
センサーの中身を作った場合に、クリアーパーツでフタをするガンダム系のセンサーのことでしょうか?
それともジュアッグのモノアイですかね??
基本的にすべて塗装>組立 になりますので、最終的に仕上げる部分になりますね。
場所、形状、設置場所の形状、設置場所の分解が出来るできないによっても変わってきますので、一概に言えないですね^^;

○POLさん
いえいえ、参考になれば幸いです

基本的に仮組み段階で、構成をみて、改造するにあたり、どこをどうしていくか などを検討しています。
もちろん、ダボの調整はします。
仮組みのあと、改造作業では数十回組み付け>バラシ を行う部分もありますし、その段階で強度や接合方法などが最適か判断しています。
場所によっては分割方法を変更もします。
サフの画像のためにダボ調整をしているわけではないですが、組み上げる順番など、塗装後にはめ込むとどうしようもないパーツなどもありますしね。
仮組み>面調整 だけでも1週間かかるのはざらです。MGクラスならもっとかかる場合もあります^^;
HGUC系なら、接着合わせ目消しする場合にほかのパーツが後ハメできるのか 等など できない場合は構成を検討、強度や場所によっては塗装>マスキング>接着>塗装 とするほうがいい場合もありますしね。
後ハメはあくまでモデラーの塗りやすい「都合」ですので。

あと、「少しぐらい傷がついても大丈夫」 というのは、「傷は気にしない」 という意味ではありません。 サフの段階=下地ですから、大事です。
ですが、下地ですので、やり直せばいいだけ という意味ですので、お間違いなく^^ サフを吹いたあとで見つかる小キズなどもあるわけですしね^^

コメありがとうございます。ビームライフルや、連邦系のカメラです。
説明不足でした、すいませんm(__)m
組み立て後というのは、プラ板かなんかでボックス状に作ってから、くりぬいた
センサー部へ戻すのかな?って思いまして(-.-)
話し変わりますが、UC系のMS渋いの多いので好きです!
ジュアッグ楽しみに見させてもらいます(^-^)/SDユニコーンも、良いですね♪
ユニコーンのMGの徹底改修とかって予定ありますか?自分は、今ユニコーンと、バンシィの2台製作中なので参考に、なんて(>_<)
忙しい時間さいちゃってすいませんm(__)m

こんにちは~^^

LA+さん

センサーなどは、先に言いましたように、形状、場所などによって臨機応変ですので、「こうやってる」当答えはないですね^^;
>UC系
あ、ありがとうございます^^

ユニコーンは、HGUCもMGもやるつもりですよ^^

プロフィール

keita

  • Author:keita
  • WonderExcellence
    の管理人keitaです。

    ご観覧前に必ずこちら
    をご覧下さい。

    ○タバコは吸いません(家族全員)

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム